脂肪溶解の仕組みを理解しよう

トップページ ⇒ 脂肪溶解の仕組みを理解しよう

脂肪溶解の仕組みを理解しよう

脂肪溶解注射とは、脂肪溶解剤を注射して脂肪細胞を減らす治療です。脂肪が効果的に落ちるため、痩せていくというわけです。

 

脂肪の数は成人になるまでに決まり、一生変わることはありません。太っている人が脂肪細胞が多いというのは間違いで、細胞のサイズによって肥満か痩せ型かが決まってくるのです。

 

脂肪溶解注射の成分は、ホスファチジルコリンです。もともとは、脂肪肝や高血脂症の治療に使われてきました。大豆から抽出される成分ですから、自然由来のものとなります。

 

脂質の代謝を高めてくれ、血管壁に付着したコレステロールを溶かしだしてくれるのです。脂肪を溶かして排出する仕組みが、美容に活かされたというわけです。

 

ホスファチジルコリンを皮下脂肪に直接注射すると、薬液が浸透した部分の脂肪細胞が灰かされて溶け出します。溶けた脂肪は、血管やリンパ管を通ってそのまま汗や尿となって体外に排出されます。

 

成人の脂肪細胞数は変わりませんので、一度脂肪細胞が除去されれば再生はありません。ホスファチジルコリンには副作用がないため、確実に脂肪を溶かしてくれるのも魅力です。

 

デメリットといったら、広範囲に手術ができない点と、手術後に暴飲暴食などをしてしまうと逆に脂肪細胞が肥大化してしまうという点でしょうか。

 

脂肪溶解注射は、1本で手のひらくらいの範囲にしか対応できません。効果的にするには、術後のマッサージや水分補給が大切です。マッサージによって、脂肪溶解の薬剤が均等に浸透するのです。