老眼の予防に良いフコイダン

トップページ ⇒ 老眼の予防に良いフコイダン

老眼の予防に良いフコイダン

フコイダンには、老眼や白内障の予防や改善への効果があるかもしれません。まず、なぜ老眼なるのか、その原理をみてみましょう。眼球の中にある水晶体は、その弾力によって焦点を調節する働きがあります。

 

この水晶体の弾力性は、加齢とともに弱まり失われていきます。その弾力は、20歳前後から徐々に失われ始め、40代頃になると日常生活でも不便を感じます。いわゆる、老眼と言われる現象です。つまり、水晶体の弾力がなくなり焦点を合わせる力が弱くなります。それによって、近くのものに焦点を合いずらくなることが老眼なのです。

 

これは、どのようにして水晶体の弾力が失われるのかが分かれば、対策をとることができます。毎日、私たちが浴びている紫外線には、人間の体内の酸素を活性化する作用を持っています。これは、老化の原因として肌への悪影響もあるのですが、目についても同じこと言えるのです。活性酸素が活発化すると、水晶体が傷つき、弾力を失うのです。

 

では、フコイダンは、老眼に対してどんな効果があるのでしょうか。フコイダンは、抗酸化作用を持っています。その抗酸化作用はとても強力で、水晶体を活性酸素から保護すると見られています。

 

例えば、沖縄産のもずくは有名で、皆さん日常的に食べています。そして、沖縄は東京よりも1.5倍も多い紫外線が降り注いでいるのに、白内障患者が少ないのです。これは、もずくに含まれているフコイダンの影響だと考えられているのです。