運動で高脂血症の改善をしていくことが大切

トップページ ⇒ 運動で高脂血症の改善をしていくことが大切

運動で高脂血症の改善をしていくことが大切

運動不足も高脂血症の原因になっていることが多いです。ただし、運動といっても激しく体を動かしていては、効果を得ることが出来ないどころか、逆効果になってしまいます。ですので、医師も運動は適度に行うように指示をしています。

 

では、どれくらいの運動が適度になっているのでしょうか?

 

中性脂肪やコレステロールが血液中に多く含まれてしまっている状態を高脂血症というのですが、本来であれば中性脂肪やコレステロールというのは、体の中に貯蔵されて、必要に応じて燃焼してエネルギーに変換をしていきます。しかし、体の中に溜め込むことが出来る量も限られていますから、一定量を超えると、血液中にも中性脂肪やコレステロールが増えてしまうことになります。

 

高脂血症になったら、どうして運動療法をしなくてはならないのかというと、体の中に溜まっている中性脂肪やコレステロールをエネルギーに換えるだけではなく、血行を良くして血圧の低下をすることが出来るようになるのです。そのため、高脂血症だけではなく動脈硬化や高血圧のリスクを軽減させることも出来るようになります。

 

人間の体の中にはリパーゼといわれる酵素があり、この酵素によって脂肪をエネルギーに変換をしていきます。運動療法をすることによって、リパーゼが活発に働くようになり、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らして生きやすくすることが出来るのです。激しい運動をするのではなく、適度にサイクリングやヨガ、ランニングなどのような有酸素運動を習慣づけるようにしましょう。