熱帯夜を心地よく過ごしたい

トップページ ⇒ 熱帯夜を心地よく過ごしたい

熱帯夜を心地よく過ごしたい

熱帯夜が続くと、寝苦しさから睡眠不足に陥る人が多いことでしょう。そんなときに活躍してくれる「冷んやり寝具」が、最近多く出回っています。暑さ対策グッズの中でも充実のラインナップがあり、素材や構造に様々な趣向が凝らされ、たくさんの商品が販売されています。

 

冷んやり寝具の中でも人気が高いのは、ふとんパッドです。各種パッドの特徴を見てみましょう。

 

冷却するタイプのパッドには、ジェルパッドがあります。中でも話題をさらっているのは、水、硫酸ナトリウム、塩化ナトリウムから作られたジェルが一定の温度になると熱を吸収してくれるというもの。

 

30度前後の温度になるとジェルが水溶液化して、熱を吸い込んでくれる性質をもっています。冷蔵庫でジェルを冷やす必要などなく、従来のジェルパッドと比べると冷んやり感が長持ちするのも暑さ対策に役立つポイントです。

 

通気性のあるエアコンタイプのパッドなら、洗濯機で丸洗いできる軽量さが受けています。パッドを3層構造にして全体積の96%を空気断面層にしたような製品も、寝具大手メーカーN社から出ています。パッドの表面素材が凸凹加工されているので、体温や体圧の分散に有効なのです。

 

冷んやりタッチタイプのパッドには、旭化成開発のペアクール(R)やクラボー開発のクールレイ(R)などの涼感素材が使われている場合がほとんどです。触れると冷んやりした感触がある涼感素材の特質を利用しつつ、各メーカーで吸汗性や速乾性などの付加機能をつけ、暑さ対策にしています。涼感抱き枕や凍らせて使う部分マットなど、手軽なところから始められる冷んやり寝具もあります。

 

寝室で快眠するための暑さ対策
寝苦しい夏の暑さに、寝室の暑さ対策はどのように行ったら効果的でしょうか。暑さで眠れず睡眠不足に陥ってしまうと、ただでさえ厳しい夏を健康に乗り切ることができません。少しでも寝室が涼しくなる工夫をすることで、快適な夏を過ごせるようにしましょう。

 

夜間には、部屋を閉め切ってエアコンをつけて寝る人も多いでしょう。朝起きたら、まずは窓を全開にして夜の間にこもった空気を入れ替えてあげましょう。

 

寝室のドアも開けて、家全体の空気の流れをよくします。換気扇をつけて、10分間くらい空気の入れ替えを行うと効果的です。

 

寝室の日当たりがいい構造なら、遮光カーテンをつけて日差しをさえぎりましょう。窓の外には、すだれやグリーンカーテンを設置するのもよいでしょう。部屋に入ってくる日差しの有効活用は、ふとんを干すときに行えます。お昼前くらいまでは室内でふとんを広げておき、屋外の強い日差しには30分くらい当てれば十分です。

 

夕方気温が下がり始めたらエアコンをつけ、室温を26度くらいに下げたらOFFにします。また、寝る直線にエアコンをつけ、部屋の空気がキリッとするくらい冷えるまで強めに風を流してみましょう。部屋が冷えたらおやすみタイマーにし、ごく弱い風量に抑えます。

 

扇風機があるなら、エアコンの代わりに扇風機の微風で風を流しましょう。クール素材の寝具を使ったり、足元にさらっとした触り心地のマットを敷いたりするのも、暑さ対策には有効です。

 

寝室でエアコンを使用していない場合には、窓辺に扇風機を置き、寝室のドアから空気を逃すようにしてください。室温を2〜3度は下げることができます。暑さ対策グッズにアイスノン枕などを使用しても、寝苦しさを解消できますよ。

 

 

 

 

 

最近更新したブログ
更年期障害の治療
更年期の汗も大変治療しにくい症状ですね。
コチラのブログでは更年期の治療法について解説しています。

 

育毛サプリにおけるよく使われる成分について
育毛サプリに一般的に使用されている成分を解説。