フコイダンの効果・効能【フコイダン調査会】

フコイダンが免疫力アップに抜群!

フコイダンは、免疫力向上の作用も持っています。その理由は、フコイダンにはNK作用を活性化させる動きがあるからなのです。フコイダンは、多糖類に分類されます。何百という数の糖の集合体です。

 

免疫力は、体の再生力、治癒力になるでしょう。本来、人間ならば誰もが備えている力です。キズが治る、風邪が治る、などということも免疫力が働いておこります。

 

意外と知られていませんが、すべての人間の体内では、一日に3000個から6000個ものがん細胞が生まれているのです。毎日生まれるがん細胞を免疫力が退治しているので、大きくなることはありません。ですから、健康な生活をしているのです。

 

免疫力は、常に一定の力を発揮するものではありません。その人の体調によって、免疫力は強くも弱くもなります。

 

フコイダンは、この免疫力を高める力を持つことが判明しています。フコイダンの分子構造は、異物とよく似ています。ですから、免疫細胞はフコイダンを体外から侵入してきた細菌やウイルスと間違うのです。免疫細胞は、フコイダンが体の中に入るたびに異物と解釈し、攻撃をして排除しようと努力を重ねます。

 

免疫力を高めるということは、つまり、免疫細胞に修業をさせるということになるでしょう。毎日、鍛錬して鍛えられた免疫細胞は、活性化し、より力を強くします。これが、免疫機能の向上の仕組みです。そのため、免疫機能を上げるには、毎日、免疫細胞に訓練をさせる必要があります。ですから、継続してフコイダンを摂取していると、免疫力アップの効果があらわれるでしょう。

眼精疲労の原因はなに?

 

眼精疲労には原因がいくつかあります。眼に関する病気が原因となっている場合が最も多くなりますが、そのほかにもストレスであったり、眼を使いすぎていたりなどといった様々なことは原因になり得るものです。

 

目を酷使するということが目の疲れにつながる原因になるという一般的なイメージも間違いではありません。しかしそれ以外にも隠れた原因があるというのもまた確かなことです。ここでは目に関することに焦点を絞ってみていきましょう。目の疲れにはこれが良い!→疲れ目に効くサプリ

 

視力の変化

 

物が見えづらくなるということ、その原因としてあるのは水晶体です。網膜に焦点を合わせようとする水晶体ですが、見えづらくなることで水晶体に緊張状態が続き眼精疲労の原因となります。

 

これにはメガネやコンタクトレンズなどの視力矯正器具が合っていないということもあるのです。あまりに見えすぎているというかた、もしくは処方箋をもらわずにコンタクトレンズを購入したという方は一度検査を受けてみるとよいでしょう。

 

ドライアイ

 

眼球の表面が乾燥するのがドライアイになりますが、眼精疲労をともうなうこともあります。

 

緑内障

 

網膜にある視神経が障害を受けることによって視野が狭くなるというのが緑内障です。これには眼圧が高くなるという方が多くなり、その時には眼精疲労を伴うこともあります。

 

白内障

 

水晶体が濁ってしまうのが白内障です。それによって視力の低下、極端にまぶしくなったり、そして眼精疲労となることもあります。

むくみが更年期に発生する原因

リンパ液や血液というのは、年齢を重ねていくとだんだん停滞し始めていきます。特に更年期に突入をすると、体液の循環が悪くなるだけではなく、自律神経も乱れやすくなってしまい、さらに悪循環になってしまうのです。

 

これによって下半身や顔などがむくんでしまったりしやすくなります。さらに座りっぱなしや立ちっぱなしで仕事をしていたり、疲れが溜まってしまっていると、さらにむくみもひどくなりやすくなるのです。

 

むくんでしまったとしても寝て起きたらむくみが解消されるのであれば、生理的にむくんでしまっているだけですので、問題はありません。ですが、脛の上を指で押さえてみるとへこんだまま元に戻らなくなったり、長期的にむくんだ状態になってしまっているなどといった症状があるのであれば、腎臓や心臓が病気になっている可能性もあります。この場合は、すぐにでもないかで検査を受けるべきです。

 

この他にも、静脈の一部に瘤ができてしまっている静脈瘤という症状が出てしまう場合もあります。血液の巡りが悪くなってしまっていることによって、静脈瘤になってしまうのですが、ふくらはぎ周辺に静脈瘤ができてしまうことが多いです。

 

血液というのは、全身に栄養素や酸素を運搬するために必要です。栄養素などを運んだ後は心臓に戻るのですが、戻る際に使われることになるのが静脈です。

 

通常であれば、静脈内に弁があって、血液が逆流しないようにすることができるのですが、弁の機能が低下してしまったり、壊れてしまうと血液が静脈内で逆流をしてしまいます。そして、逆流した血液が溜まってしまって、静脈瘤ができてしまうのです。

 

長時間、立った状態で仕事をしている人に静脈瘤の症状が出ることが多いです。経っている状態で長時間過ごすため、下半身に血液が溜まりやすくなり、静脈瘤の症状が出てしまうのです。

 

むくみの解消をしたいのであれば、普段からストレッチやマッサージなどをして、下半身から心臓方向へと血液や体液を流すようにしましょう。また、顔のむくみはサプリでとるのが効果的です。参考:顔のむくみサプリ

 

次に静脈瘤の場合は、放置してしまっていると潰瘍や湿疹の原因になってしまうことが多いです。ですので、少しでも早く、皮膚科や外科で相談をするようにしましょう。

 

静脈瘤の進行が進んでしまっていたり、激しい痛みを伴うバイは、部分的静脈を切除する外科手術で治療をすることになります。

更新履歴